読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴルフの練習は効率を考えろ!ゴルフ嫌いは、練習中にメモを取れ!

今週末にゴルフに行かなければ行けません。困ったことに私はあまりゴルフが好きではありません。一応ゴルフができるということで、ゴルフに誘われることがあるのですが、内心「貴重な休日が・・・。」なんて思っています。こんな風にゴルフがあまり好きではない人もたくさんいると思いますが、恥もかきたくないし、少しくらいは練習が必要です。そんな人たちは打ちっぱなし場でメモを取る癖をつけましょう。

 私のゴルフの実力は平均してスコア100くらいで回ります。みんなに多大な迷惑をかけるほどのレベルではありませんが、うまい部類というわけでもありません。しかし、練習はゴルフに行く前日に一回だけ行くか行かないかです。行かないときもあります。ラウンド自体も多くて年2回くらいです。個人的にはこれくらいの練習で現在のスコアを出せるなら悪くないなと思っています。

 

プロに教わったことは一度もなく、初めてすぐ位にyoutubeだったり、仲間に教えてもらって以来、全て独学でやってきました。そんなんではうまくなるはずないという人もいるかもしれませんが、あまり好きじゃないんですからプロに教わろうと思うほど熱くなれません。

 

タイトルの話になりますが、私は練習場でメモを取りながら練習しています。ゴルフというものは、生活しているだけで身につく感覚では、うまくならないということにしばらくして気がつきました。突き詰めていけば話は違うのでしょうが、通常大きな力を使う場合、大きなモーションから力を発生させます。パンチであったり、投げるであったり、通常の生活をしていれば、大きな動作をすることでより力を伝えらるということが感覚的にわかります。しかし、ゴルフは少し違うようです。大きな力を伝えるには洗練され、無駄のない動きが重要となるようです。この辺は、詳しくないのでどういった動きが正解かわかりませんが、やってみてそう感じています。

 

となると、どうやって洗練された動きにしていくかという話になりますが、ゴルフほど言う人が変わればアドバイスも変わるといったことが起こるスポーツはないと思います。はじめたばかりのとき、これには本当に参りました。グリップの位置を離せといわれたり、別の人には近づけろといわれたり、統一の認識はないのかよと思いました。まぁそれがゴルフの面白いところでもあるのかなと思います。

 

そして、ゴルフがあまり好きじゃないけどいやいや練習に行ってる人は、その日によって当たりがマチマチです。前回は結構いい当たりをしていたのに、今回は全然当たらないということは良くあります。なぜ当たらなくなったのかというと、体の動きが前と違うからです。同じように動かしていても違っています。前回覚えたはずのことを忘れていたり、日常生活から体の動かし方が変わったりなど理由はわかりませんが実際に違う動きをしてしまうわけです。

 

打ちっぱなし場などで、練習する際、様々な試行錯誤をするかと思います。「もう少こうしてみようかな」と思って打ってみると、すごくいい当たりが出て、またコンスタントに当たるなんて事があります。「ではさらにこうしてみよう」などとまたいろいろなことを試すと、また当たらなくなったりしてしまいます。では元に戻そうとしても何が正しかったのかわからなくなります。

 

そこで私の場合はメモをとるようにしました。取っている内容は以下の通りです。

  • 動きを変更して良くなったこと
  • 動きのことで正解か、わからないけど思いついたこと
  • 良くなった同士を組み合わせてだめになってしまったこと

大きく分けてこの3つです。人は、一度に3つくらいしか実践できません。私だけかもしれませんが、そう変わらないでしょう。いい当たりを連発できるようになった変更点は、必ず思いついた順番通りにメモします。しばらくいろいろ試してみると、また突然当たらなくなるときが来ます。そういった際に、メモを確認して遡って確認をします。順番にメモしてきていますので、どこがおかしいのか気がつく可能性が高くなります。また、いいと思っていた動き同士を合わせることでだめになってしまうこともあります。これは、物理的に融合できない動きなのか、動きを合わせることで別の動きになっているのか、メモを取っていれば忘れることなく、何度も試してみることができます。

 

「メモを取ってるんだから当たり前でしょ」なんて思う人もいるかもしれませんが、私が今まで練習場にいった中で、メモをとっている人は見たことがありません。みんなゴルフが好きで、メモを取らなくても四六時中ゴルフのことを考えていればメモを取る必要もないのかもしれませんが、こちとら好きで来ているわけではありません。おまけに前回の練習からかなり時間を空けてしまっています。前の練習でよかったことなど覚えているわけありません。ということでメモが非常に役に立ちます。ほかの人がメモを取っているところを見たことがないので、少し抵抗あるかもしれませんし、ほかから見たらずいぶん熱心にやってるななんて思われるかもしれません。違います。好きじゃなくて、時間をかけたくないから効率を重視してメモを取っているのです。

 

時間を空けた練習はまったく繋がりません。0から初めて少し成長しても、次回も0から始まってしまいます。継続して練習している人は次回の練習が0ということはないでしょう。時間を空けた練習で、0から10に進んだとして、その分をメモに残しておけば、次回もまた0からということは、少なくともないでしょう。5くらいはあるかもしれません。前回の練習を無駄にしないための工夫です。

 

ということで、ゴルフがあまり好きじゃないけど、少しくらい練習しないといけないという人は、ぜひ練習中に気がついたことをメモに残してください。長期的なスパンで考えるとはるかに効率が上がると思います。

 

さて、私も今夜はマイ練習ノートを持って、練習場に行こうかなと思います。