読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポーツバイクにAT?DCT搭載のバイクの存在に気がついた!

自動車・バイク関連

昨日までの3連休、いかがお過ごしだったでしょうか。私は毎日観光やら何やらと遊びまくっておりました。その遊びとはまったく関係ないのですが、駐車場を歩いている1台のバイクが発進し、駐車場を出て行きました。その音が後に私をびっくりさせました。

 私のバイクの常識は、2008年位でとまっています。そのときも、最新のバイクではなく、少し旧型のバイクに興味を持っていました。当時はABSを搭載しているバイクが増え始めているくらいの時期だったでしょうか。一部の高級バイクに搭載され始めていたABSですが、当時の私の感想としては、「バイクにABS?いらないでしょ」なんて思った記憶があります。当時はバイクは古いものがかっこいいという私の持論があり、FIのバイクなんて乗りたくないと思っていたくらいです。「漢なら、キャブレター。寒い日はエンジンかからないけど、それがまたいい」なんて思っていたわけです。

 

その後、2013年に小さな排気量のバイクを購入しました。そのバイクは、2012年式にはABSがついておらず、2013年式にはABSが搭載されており、当時散々悩みましたが、2012年式のABSなしの車体を購入することになります。やはり「ABSはいらないでしょ」という思いから決断しました。もちろん車体価格も違いました。またこのときはあまりほかのバイクに興味がなく、どう価格帯や同性能のバイクから選ぶということをしませんでした。このバイクと決めていたわけです。

 

そこで初めて、FIのバイクに乗るわけですが、もうキャブレターには戻れそうにありません。それくらい最新の技術はすばらしいです。これをきっかけに、最新のテクノロジーというものに興味が出て、バイクだけでなく、いろんな面でデザインより、機能性を重視するようになりました。もちろん、かっこよくて機能的ということが一番なのですが。

 

昔話はこれくらいにして、冒頭の話に戻します。駐車場から出て行った一台のバイクが奇妙な音を発していました。何が奇妙であったかというと、変則時に音の継ぎ目がないのです。スクーターなどは昔からATがありましたが音が全然違います。スクーターのATは、CVTという構造で変速しても一定に近い音で走っていきます。しかし、私が聞いた音は明らかにシフトアップしている音がしているのです。そのときは、「すごいシフトアップだな。どうやってるんだろう?」なんて思い何も考えることはありませんでした。しかし、帰り道、どうしてもあの変速音が頭から離れず、ずっと考えていました。

 

ちなみに、車では同じように継ぎ目のない変速音を出す車はたくさんあります。一番最初に製品化したのはどこのメーカーかわかりませんが、私の記憶で一番古いものは2006年頃のフォルクスワーゲンによるDSGというミッションです。これはクラッチを二つもち、交互に使うことで非常に継ぎ目のないシフトアップを実現しました。その後様々なメーカーが同じような構造を持つミッションを開発し、ドイツ車などでは多くの車に採用されています。もっとも、F1などではもっと早くから採用されているのかも知れません。とにかく、これらのデュアルクラッチを搭載しているような音で、そのバイクは駆け抜けて行ったのです。

 

私は「もしや」と思い、家に帰りすぐに調べました。やはりとうとうきていたのですね。デュアルクラッチ構造のミッションを搭載したバイクが。販売元はホンダです。デュアルクラッチ構造のミッションは、各メーカで様々な呼び方をされています。ホンダではDCTという名前で搭載されています。BMWと同じですね。構造が隅々まで同じかはわかりません。

 

ホンダからいくつかのバイクにDCT付バイクが販売されていることを始めて知りました。いつから発売されていたのかもわかりませんが、そこそこバイクに興味を持っている私がまったく知りませんでした。いつかは搭載されるときがくるのではないかと思っていましたが、まさかすでに来ているとは思いもしませんでした。しかも、個人的な予想ではBMWが高級機に搭載するのかなと思っていましたが、ホンダです。もう本当にびっくりです。

 

まぁバイクにおいて、DCTであるということは賛否両論あるかと思います。個人的にもまだ、通常のMTのほうがいいなとは思いますが、それは過去にキャブレターにとらわれていたときと同じです。乗ってみれば世界が変わる可能性があります。それにあの継ぎ目のない変速音は個人的に好きです。車の場合、基本的には静かですので、DCTでもあまり音がわかりません。よほどマフラーを改造していたり、スーパースポーツカーなどでなければその音を聞くことはできなかったのですが、バイクはしっかりと音が聞こえます。これがまたかっこいいと思わせます。

 

バイクにDCT、非常に興味がわいてきました。機会があれば試乗をしてみたいと思っています。いやぁやはり技術の進歩というのはすごいですね。こまめに色んな情報を入手しておかないとまったく気がつくことなく、別のものを買ってしまいそうですね。