読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロトレックPRW-7000FC-1JF 注文編

電子機器関連

ずっと欲しかった時計を注文しました。もうずっと欲しかったんですがなんとなく今度でいいやと思っていたのですが、とうとう本日注文です。注文した時計はプロトレックPRW-7000FC-1JFという時計です。

[カシオ]CASIO 腕時計 PROTREK 世界6局対応電波ソーラー PRW-7000FC-1JF メンズ

 PRW-7000の特徴

これがどんな時計かというと、最強のアウトドアウォッチです。できることは非常にたくさんあり、

  • 20気圧防水機能
  • 態度グラフ、ムーンデータ
  • フィッシングタイム機能
  • 方位計
  • 気圧計
  • 高度計
  • 温度計
  • 電波時計
  • ソーラー電池

などなど、心拍数計測などのスポーツウォッチ機能以外は大体網羅しているということです。もともと実用性、機能性を重視する性格なため、高級腕時計にはあまり興味がありません。時間しか見れませんからね。まぁ対人に対しては、「きゃーすいごーい」なんて展開もあるかもしれませんが、そういった機能は必要ありません。

 

使用用途

最近ブログでも書いていますが、山に登ることが多いです。これは最近始めた趣味で、目標はアルプスのどこかの山なんですが、そのトレーニングで関東圏の様々な山に挑戦中です。そこでこの時計が力を発揮するわけです。山で主に使う機能は、方位、気圧、高度、温度です。実際この時計でなくてもこの4つがある程度正確にわかれば問題ありません。特に期待している機能は、高度計です。車のレーダー探知機に高度計がついているのですが、これを確認するのが大好きなのです。だから旅行などで高い場所に行くと、「ここは1,000mを超えている」なんて思いながら運転するわけですが、登山となると、レーダー探知機は持っていけません。そこで高度計を搭載した時計の出番だったのですが、これまで全て普通のGショックで登っていました。自分が山のどれくらいの高さにいるのかということがわかるようになれば更に登山が楽しくなること間違いなしです。

 

 

なぜPRW-7000か

こういった計器をたくさん搭載している時計はほかにもあります。しかし、私はそれでは満足できません。そしてなぜこの時計でなければいけないのかというと、

  • アナログ + デジタルのハイブリッドであること
  • 電波時計であること
  • ソーラーであること
  • 耐水圧がそれなりにあること
  • メタルバンドであること

これらを満たしているのがこの時計と、プロトレック8000クラスです。アナログデジタルの話は以前に少ししましたが、時間は絶対にアナログ派です。ただ、高度や気圧までアナログにされると少々読みづらくなってしまいますので、ハイブリッド型がマッチします。

電波時計に関しては、いまさら数日で数分狂う時計はつけられません。今つけているGショック電波時計ですので、時間の正確さは必須です。

 

ほかのメーカーの時計は電池式なんてこともあるのですが、数年に1度交換しなければいけないというのが面倒です。しかもこの時計だとしたら、耐水圧も20mになるわけですが、電池交換の際にバラすということは、密封を破壊するということです。専門とするメーカーなどに交換してもらわないと密封が保てなくなります。こういった部分からも故障の原因になりますので、一度もあける必要のない時計というものは非常に優れていると感じます。

 

 

デザインに関して

バンドは完全に好みですが、バンドを金具に通して棒を引っ掛けるといった通常の時計の構造は面倒くさすぎてつける気になりません。メタルバンド系以外は今まで一度も所持したことがないです。

 

あと嬉しいことにデザインも非常に気に入っています。ごつすぎず、ちょっとおしゃれといった感じですね。嫌いな人は大嫌い見たですが私は大好きです。特に緑色を所々に使っているところが気に入っています。(大抵はここが気に入らないそうです) ちなみに私の好きな色は緑ですのでうってつけなわけです。

 

 

最後に

さぁ、早く届かないかとわくわくしているわけですが、ここで大きな問題発生。なんと入荷が2月下旬とのことです。後3ヶ月以上あります。どうも人気な機種らしくどこも品切れ状態。そりゃそうです。はっきり言って、これだけの性能が詰まって、100,000円しないというのはコストパフォーマンスから考えれば最高です。時計は何を重視するかで選択するものが大きく変わりますが、機能を重視している人なら間違いなく買いでしょう。プロトレックの8000系もありますが、こちらは値段としてはかなり上がり、最強ではありますが、コスパの面を考えると、7000系が優秀かなと思っています。お金持ちの方は8000でも良いかもしれませんね。ちなみに私は7000系を68,000円で購入しました。すぐ手に入れるには、転売屋さんから購入するか、店頭に残っているものを探し出すしかないのですが、転売屋さんから買うと約100,000円します。この時計の定価が82,000円ですので、ちょっとないですね。だったら待ちます。幸い山もシーズンじゃないですしね。

 

ということで今回は、注文編ということになりました。2月の下旬くらいに製品が届いたら、再度レビューをしてみたいと思います。また、いついつまでに手に入れたいなんて思っている人は早めに予約なり注文を入れておくことをお勧めします。あー、楽しみだなぁ