読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

動きで若く見せる方法

年齢というものは証明するものがなければ予想することしかできません。ですので、顔や着ているもの、仕草などで年齢を予想します。女性なら化粧で年齢をごまかせたり、来ている服で若々しく見させることができますが、気をつけたいのは仕草です。仕草ひとつでも若々しく見えることもあります。

 しゃしゃき動く

よくオラついた若い男性がダラダラとだらしなく歩くことがあります。これを見て、年をとっているなんてことを思う人はそういないでしょう。なぜなら顔が子供だからです。その組み合わせが目に入ってくると、「なんだか可愛いなぁ」何て思うことも多々あるかと思います。しかし、そのまま大人になると危険です。ある程度年をとった人がだらしなく歩いていると、非常に年をとっているように見える上に、「いい年してあれかよ」なんて思われます。というか自分が見たときもそう思うことでしょう。品のあるというかあまりだらしない動きをせず、シャキシャキと動くように心がけましょう。

 

 

動作で肩の位置を高くする

これは結構重要らしく、年をとると肩が上がらなくなることから何かの動作によって肩の位置が低いと年をっているように見えます。手を振ってみたり、ポーズをとったときに肩の高さを意識してみてください。もちろん、無駄に上げる必要はりませんが、肩が上がるシーンではしっかり上げるということです。肩が上がっていないからといって年をとっているということは思わないかもしれませんが、肩が上がっていると若々しく見えることは間違いありません。しかし、肩を上げる仕草はちょっと恥ずかしいということもあるでしょう。なぜ恥ずかしいと思うかといえば、若くないと思っているからです。そういうところからも「若さ」という部分が見え隠れします。男性なんかは年をとることが美しいと考える人も多いと思いますが、女性なんかは少しでも若く見られることが良いとされています。お化粧や、スキンケアなども大切ですが、仕草もしっかりと意識してみてください。

 

 

最後に

何が何でも若く見られなければいけないということはありません。年をとっても美しい、かっこいい人はたくさんいますし、それで構わないという人はそれでいいでしょう。しかし、少しでも若く見られたい人はそういった仕草も意識してみてください。何もぶりっこになってくださいということではありません。一つ一つの動作をきっちりさせたり大きなの動作をとってみたりと、可愛く若く見せることは十分可能です。「見た目は年相応だけど、雰囲気が若いね」ということだって十分に効果があるかと思います。四十肩もなかなか来ないなんてことがあるかもしれません笑