読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

glo(グロー) 軽いと感じるようになってきた

紙タバコからグローにシフトして、1週間以上が経ちました。だいぶグローに慣れてきてもはやほぼ紙タバコを吸わなくなってはいるのですが、ここにきて「軽い」と感じるようになってきました。今回はその辺の話をしたいと思います。

 かなり軽い設計

ネット上でも言われていたことですが、グローはアイコスに比べてニコチン感が軽いと言われております。箱に「ニコチン◯g」と書かれているわけではないので、実際に数字的にはどれくらい軽いかはわかりませんが、体感でも随分軽く感じます。アイコスもたまに吸わせてもらうことがあるのですが、こちらはかなりニコチンを感じるのですが、グローは弱いです。紙タバコの時代なら、1本吸えば半日近く次を吸うことはなかったのですが、グローになってからやたら吸ってしまいます。

 

これまでグローの本数が増えてしまうのは、手軽さからくる物だと思っていました。というよりそう思うようにしていたのかもしれません。家のどこでも吸えますし、寝室で吸っても匂いとして問題ないので吸ってしまいます。しかし、どちらかというと手軽さというよりは、タバコが軽いからこそ本数が増えてしまうということが認識せざるを得ないと感じます。というのも、1週間くらいをすぎたあたりから、急に紙タバコを吸いたくなってきたのです。

 

 

でもやっぱりグロー

紙タバコを吸いたいと一度思うと、どんどん吸いたくなってきて、グローを吸ってもそれはなかなかおさまらない感覚なのです。まるで禁煙しているよう笑 試しに紙タバコを吸うわけですが、これはこれで後悔します。紙タバコは全く美味しく感じないのです。なんていうか、口の中に残るあの煙感が非常に不快で、吸ったことを後悔します。これを何度か繰り返していると、「物足りないから紙タバコを吸いたいけど、気持ち悪くなるから吸わない」という感じになります。結局はグローを吸い続けているので、そろそろ完全に紙タバコを卒業できるかと思います。

 

 

でももう少しニコチン感は欲しい

グロー1本になるとやはり、ニコチン感は欲しいと感じてしまいます。しかし現状どうすることもできないので、グローで我慢するわけです。そうなると、次に試していかなければいけないのはアイコスでしょう。グローよりもニコチン感が強いためもしかしたら満足できるかもしれません。私はもともと、紙タバコでもかなり重い種類を吸っていたので物足りなく感じるのです。現在、重い部類に属する紙タバコを吸っている人は、グローではすんなりと移行できないかもしれませんので注意してください。

 

 

最後に

グローに期待したいのはもっとニコチンを強くした製品をラインナップに入れるということですね。しかし、まだ全国展開もしていないグローが次なる一手を打つことはまずあり得ないでしょう。となると、早くても数年後ということになりそうです。それまでに今以上にグローに慣れているかと思いますので、その時の状況はわかりませんが、もし可能であれば早めに強めの種類を発売して欲しいものですね。