読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IQOS(アイコス)にパーラメントがある!?

2017年の春に新しい味が発売されるアイコスですが、他にも発売の可能性がある新しいフレーバーがあるようです。それもマルボロではなく、パーラメント。こういった別の銘柄も、その機械にのっかって発売していくスタイルは非常に嬉しですよね。それではもう少し深く確認していきたいと思います。

発売予定日

新しいフレーバーとしてパーラメントが発売されるのではと言われているようですが、日本では発売は決まっていないようです。こういう言い方をするということは、すでに海外で発売が決まっているのかという話になりますが、なんと、海外ではすでに発売されているらしいのです。ということで、手に入れようと思えば手に入れることも可能かもしれません。オークションなどでは高値で取引されているとかなんとか。しかし、これまでグローなどでもあった通り、オークションなど個人でタバコを販売することは禁じられています。ご注意ください。値段は1カートン10,000円くらいだそうです。

 

フレーバーの種類

フレーバーの種類は2種類で、レギュラータイプとメンソールタイプの一つずつです。タバコというものは基本的にはこの2種類の味しかないので普通の展開ですね。個人的には、紙タバコのパーラメントは「なめらかな味」という印象でした。特別甘いわけではないんですがなんだかシルキーというかなんというか。この辺の味がしっかり再現できているのかというところが重要ですね。同じ名前でタバコを出しても味としては全く別物ですからね。煙の有無で味が左右してしまうのかもしれませんが、パーラメントらしい味付けであれば非常に興味が有る銘柄です。

 

 

パーラメントといえば

パーラメントといえばあのフィルターでしょう。リセスドフィルターと呼ばれていて、少し空間があります。タバコの煙は、冷やすことで苦味よりも香りや甘みが豊かになると言われております。この空間は煙を冷やすためにあるわけですね。ということで、アイコスのパーラメントにも採用されているかというとどうやら採用しているようです。タバコと、アイコスでは吸い込むものが違うので、冷やすことで、香りや甘みが増すのかはわかりませんが、もしその効果が加熱式タバコでも得られるようであれば、アイコスとは非常に相性が良いのではないでしょうか。私も久しぶりに普通のタバコを吸うと、苦くてとても吸って入られたものではありません。となると、「香り」「味」「甘み」などが重要になると思いますのでパーラメントには期待したいですね。

 

 

値段

さぁ値段は気になるところかと思います。現段階ではわかりません。ただ、紙タバコで考えると、普通のタバコより少し高く、「高級なタバコ」という位置付けでした。アイコス版でも同じように数十円高い可能性はあります。これは発売してみないとわからないので、日本での販売他を楽しみしたいですね。

 

 

最後に

もしなんらかの形でアイコス版パーラメントを手に入れても、日本で発売されるものとは微妙に違うかもしれませんね。よく日本で吸える海外のタバコを海外で買うと味が違うなんてことを聞いたことがあります。ですので、完全に日本版が販売されるまではパーラメントの本当の姿はわからないのかもしれません。現状、「いつ頃に日本で発売されるなんて噂がある!」といった話すらないので、まだまだ先の予感がします。とは言っても、春に新しい味が2種類発売されますので、まずはこの辺を楽しみにしていければ良いのではないでしょうか。加熱式タバコの動きが様々あって楽しいですね。これからもいろんな製品が発売されることを期待します。