読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

youtube 1万再生以下のチャンネルは報酬無しになってしまった

事件が起きてしまいました。youtubeはこれまで審査が通れば弱小youtuberでも広告を流すことができ、少量でも報酬をもらうことが出来ていました。しかし、4月6日から1万再生以下のチャンネルに関しては無報酬になったということです。これは本当に困ったのか!?

 なぜ無報酬になったのか

少し前に話題になったのですが、大手メーカーがyoutubeに対して文句を言った、もしくはCMを出さないという方針をとったそうです。なぜメーカーが苦情を言ったのかというと、

質の低い動画にCMが流れると企業のイメージダウンにつながる

ということらしいのです。(だいぶ省略して丸めて書いています) 質の低い動画とはなんだという話になりますが、暴力的だったり、性的だったり、詐欺的だったりと通常思いつく話かと思います。しかし、どの動画にそういったことが含まれているのかということはさすがにロボットでも判断するのは難しいでしょうし、かといって人が確認するなんてことは不可能です。そこで儲けられたのが、1万再生未満の動画に報酬を払わないというものでした。

 

なぜ1万再生未満?

これは様々な言われているようですが、1万再生以下の動画が低クオリティであることが多いという統計があるようです。自分の動画は超クオリティ高いから大丈夫!と異議申し立てすることは当然出来ませんし、youtube側が決めたことですので素直に従うしかありません。しかし、これはある意味チャンスなのかもしれないと考えて行きましょう。

 

 

1万再生はチャンネル単位でOK

1動画を1万再生させるということはかなり難しい話です。しかし、1動画1万再生ではなく、チャンネル単位で1万再生を達成できればいいので、100再生の動画を100本作れば達成ということになります。確かに100本も継続的に上げているというとであれば信頼もつきますし、その中で特に問題のある動画も上がってこないようであれば、質も低くないといえるのかもしれません。ハードルとしてはかなり低いと思うのでこの辺は何の問題もないでしょう。

 

 

広告が表示されないことを逆手に

広告が表示されないということは、報酬が0円になるということです。これまで毎日100円くらい稼いでいた人も、チャンネル全体で1万再生を達成していないのなら、急に0円になるということになります。もちろん1万再生になったからと言って1万再生分の報酬がもらえるわけではありません。これはもったいないと思いますか?もしかしたらチャンスなのかもしれません。広告が表示されないということは動画中に広告が流れないということです。例えばこれまでであれば、どんな動画でも報酬化している動画であれば必ずCMが入ります。このCMというものはyoutubeを運営していくのに必要な仕組みですし、youtuberにとっては神様的な存在なわけですが、見てる側としては邪魔だと感じることでしょう。CMが流れないということであればそれだけ動画に没頭することが出来るかもしれません。流れを切られることなく、1本の動画を最後まで再生してもらえる可能性が上がったのかもしれません。ということはこれは案外悪いことではなく、いいことなのかもしれません。

 

 

10000再生の報酬

CMが流れないということはいいことかもしれないけどそれでもやはり報酬は欲しいと思っている人もいるかと思います。しかし、10000再生でどれくらいの収入を得られるのでしょうか。これは確定された計算方法はなく、スポンサーがどれくらいついているかなどなど変動的ではありますが、大体1再生0.1円といわれていたりします。ということは単純計算で、10000再生すると1000円の報酬となります。10000再生に 満たないyotuuberは月間でもせいぜい数千程度でしょう。半年くらい続けてようやく10000再生したとし、1000円もらっても月給200円にも満たないわけです。これってほぼ無視できる金額ですよね。であれば、そんな無駄な報酬なんかよりも、このCMが流れないうちに質の高い動画を作って視聴者を増やしたほうがいいと思いませんか?(もちろんそれを選択することは出来ませんが) ということで、CMが流れなくラッキーと思うほうがいいという話です。ただ、既に10再生の動画を1000本投稿していたり、後もう少しで10000再生なんて人にとってはCMが流れ始めてしまうので、CMが流れないという恩恵は受けられないかもしれません。まぁCMが流れないから視聴者が集まるというわけではありませんし、日々の努力が必要ですね。

 

 

最後に

非常に大きな問題という感じで騒がれていましたが、よく考えてみると大した問題ではなくむしろチャンスなんじゃないかと考えることが出来ます。また、10000再生に達成した暁には、youtube側からもある程度信頼されるということになるので、目標地点としては悪くないのではないでしょうか。ただ、広告を出す側が更なる苦情を出せばこの1万が5万とかの話になる可能性もあります。こればかりはyoutube側に従うしかないので動向を見守るとしましょう。