読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オススメ健康関連の記事が嘘だらけ困る

ネットを使って調べ物をしている際に、最も困ることといえばなんでしょうか?人それぞれ違いは有ると思いますが、基本的に欲しい情報が得られないことだと思います。そして数多の情報がある中で最も情報を得にくいのが健康関連だと思っています。今回はこれについて話していきます。

 正しい情報が得られない理由

健康関連において正しい情報が得られないという話ですが、具体的にどういった情報があるのかという話です。例えば「痩せられるサプリメント」というカテゴリだとしたら、ある人は「すごく効く」とかかれますしある人は「効かない」と書かれています。ここまでは普通のことで、仮にスマホの最新機種だとしても、「使える」「使えない」という評価は両方有ると思います。しかし健康関連は少々違います。先ほど例に挙げたスマホに関しては、「ここがダメだから使えない」「こんな部分が優秀」といった具体的な話が出来ます。その人にとっては「使えない」という判断も読み手によっては「その機能を待っていた」という話もあるでしょう。ですからこういった情報は書き手がどう言おうがその情報の価値は読み手次第ということになります。

一方、健康関連については効いたか、効かないかの2択しかないのです。効く人がいたり効かない人がいたり、それは人間ですから仕方ないのですが、どの情報も信じきれない、自分で読んでも良いか悪いかを判断しきれないということが、正しい情報を得られないという理由になります。

 

ほとんどが大嘘

ネットの検索で上位に表示されるものというのは、その情報が真実か嘘かということはあまり関係ありません。もちろん本当のことだけを書き、人気のあるブログなどであれば、上位検索されるようなことはあるかもしれません。しかし、健康関連の紹介ページであまり人気が動向といった話はないでしょう。ネットにおいて上位検索されるということは、グーグル検索エンジンに対して好かれるような構成になっているかということが重要です。グーグル検索エンジといえど、その情報が正しいのか嘘なのかということは判断できません。そして、多くのブログで「効果あります!」といわれているわけです。ここで私が嘘と決め付けることは出来ないわけですが、それでも私はほぼ嘘だと思っています。ではなぜみんなそんな嘘を書こうと思うのかという話になります。

 

 

健康アイテムを売りたいだけ

私もブログを書いていますし、オススメなアイテムや、良かったものなどブログ内で紹介することは多々あります。では何故紹介するのかといえば、自分のブログから買ってほしいからです。(ここで嘘を書いてもしかたないので笑) もちろんオススメじゃないものをオススメとは言いませんし、本当にお勧めしたいと思っているから書いているわけですが、健康関連に関しては本当にただ売りたいだけです。もし仮に、「この健康差プリは全く効きません」と書いて、商品を紹介しても誰も買いませんよね。だから使ったことがなくても、どんな結果だとしても「効きます」と書かないと売れないということです。そして健康関連の厄介なところは人それぞれという部分が少なからずあるということです。だめもとで買って使っても、全く効果がなかったということになったとします。それはこの商品が無能ということではなく、自分の体に合わなかったということがいえるという解釈をされてしまうことです。もし、紹介している人に「効かなかった!」と文句を言ったとしても、「そう?私は効いたけど」といわれて終わりということですね。だから、「痩せる」「大きくなる」「改善される」などなど判断が難しいものについてはほとんどが大嘘だと思っています。

 

 

そんな嘘情報から回避したい

確かに嘘を書いている人もいるかもしれないけど、真実を書いている人だっているでしょ。と思うことは普通ですが、「効かない」という情報を得るのは非常に困難です。先ほども話したとおり、そこで紹介する以上は買ってもらわなければいけないので、「効く」ということを全面に押し出してきます。そういった「売りたい人」がどれくらいいると思いますか?こういったネットビジネスが流行している昨今では半端じゃない数が売りたがっているわけです。こういった健康関連のアイテムは非常に値段が高く、本人が得られる報酬もかなり高額です。安いものでも数千円くらいの報酬が入りますし、高いものでは万単位になるかもしれません。そりゃみんな売りたいに決まっていますよね。ちなみにこのブログでも色んなものを紹介してみたりしていますが、そういった普通のアイテムは1%~3%くらいの報酬がもらえます。1万円売れれば100円~300円くらいということですね。もし手取りで月30万円くらいの収入を私のような紹介で得ようと思ったら、1000万円~3000万円分毎月ブログから購入してもらわなければいけません。1回の買い物が5000円だとしても、2000回~6000回買い物してもらう必要があります。そんなの普通のブログでは不可能です笑 ということで、私としては安い情報量として捕らえています。ジュース代程度ですね笑 しかし、もし1回売れれば1万円という報酬であるのなら、30回買ってもらえれば達成できるわけです。そりゃみんな売りたくなるので必死になるわけです。

 

 

みんな賢い

そして、みんな売りたいがために非常に賢いということがいえます。例えばダイエットサプリを例にしましょう。気になるダイエットサプリがあったら、皆さんはどうやって検索しますか?商品名をABCサプリとしましょう。

  • ABCサプリ 効果
  • ABCサプリ 効く

こんな感じで検索するのではないでしょうか。しかし検索してみると、どれも似たようなフォーマットの売りたいだけブログが大量に検索されてきます、何ページめくっても同じような「効く」というブログがヒットすることでしょう。すると次に調べようと思うのは、

  • ABCサプリ 真実
  • ABCサプリ 嘘
  • ABCサプリ 効かない

というキーワードを入れて検索したくなると思います。効かないといっている人の意見を聞こうとするわけです。これでもう少し詳しい話が聞けそうですねと思いきや、売りたい人たちはしっかりと対策をしてきています。今度は、

「ABCサプリの真実!本当に効くの!?」

「効かないといわれるABCサプリの真実」

こんなタイトルで、膨大にヒットするわけです。これも大量に存在しており、その記事の内容は、当然最終的に「効きます♪」と書かれて商品の紹介ページが用意されているわけです。これをやられると本当に知りたい情報へ全くたどり着くことが出来ません。売りたい人は本気で売ろうと思っています。本気で売ろうと思っているということは、ブログの作りこみも半端じゃないのです。作りこみというのは、「見やすい」とか「おしゃれ」とかそういうことではなく「グーグル検索に好かれるように構成している」という話です。特に検索対策をしていないようなブログで、真実を語ったとしても対策をしっかりしている嘘ブログにかき消されてしまうわけです。

 

 

どうやったら真実にたどり着けるのか

頭ごなしに「効く!」と書かれている以外の情報を発見するには、

  • 検索で深いところまでもぐっていく
  • 不特定多数が集まる掲示板で情報を得る

これくらいしかないのではないかと思っています。深いところと言っても100も200もページをめくっていく必要はなく、5ページくらいからぽつぽつと普通のブログがあわられ始めます。この中でも特に、商品の紹介ページがないものをはそこそこ信憑性が有ると思っています。その人は売りたいわけではなくて、ただ本当に効かなかったということを伝えたいということですからね。逆に効くといっているのに紹介ページがない場合ももしかしたら本当のことを言っているのかもしれません。先ほども言ったとおり、売りたい=効くということになるわけですから。こういった情報を一つの指標にしてみたり、アマゾンや、価格ドットコム、2ちゃんねるなどで情報を検索するという方法が良いのかもしれません。例えばアマゾンのレビューの中に、自分の紹介している商品のURLを貼り付けることは出来ませんし、貼り付けているようであれば、それは売りたいだけということが分かるかと思います。もちろん、そういったことを見越して、プラス思考の内容をレビューするということをやっている人もいるかもしれませんが、大抵健康関連のレビューはめちゃくちゃ低いです。ほとんどが効果がなかったといった話になっており、これが現実かと思わせてくれるほどです。

 

 

最後に

最近ちょっと美容やら健康関連の話で、「本当に効くのかな?」となったので、検索してみました。そして現状を思い出しましたので記事にしました。本当に相変わらずだなと思ってしまいます。ちなみに、この記事はおそらく検索で上位に表示され、みんなの目に止まることはほとんどないでしょう。なんせタイトルが、

「オススメ健康関連の記事が嘘だらけ困る」

です。「健康 オススメ」では検索しても確実に埋もます笑 ではどういったタイトルが良かったのか?どんなタイトルを使っても私のように特にに検索対策をしていないような記事は上位に表示されないのです。しかし、私が思ったのだから記事にしたいということで書いています。個人的には書きたいことを書けたので満足しています笑